印鑑に使用されるチタンのメリット

印鑑には色々な素材が使用されています。購入の際にはどの素材を選んだらいいのか悩むこともあるでしょう。このサイトでは悩まないためにも印鑑に使用されるそれぞれの素材にはどんなメリットがあるのかについて紹介します。

まず印鑑の中でも多くの人が利用しているのがチタンです。昔は加工が難しく、印鑑として使うのは現実的ではないと言われていますが、今では技術の進化によってチタンでも印鑑にすることが可能になっています。では実際にチタンにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まず1つ目のメリットは耐久性が高いことです。チタン以外の素材の多くは摩耗したり、ぶつけることで欠けたりすることがあるという欠点がありましたが、チタンは金属でできているため、人間では加えることができない力を与えない限り破損することはありません。一生ものとして使うことができるので、実印や銀行印など重要な印鑑にも使用されることが多い素材です。

続いて2つ目のメリットは錆びないということです。チタンは金属なので長年使用することで錆びてしまうのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし、チタンは白金に次ぐ耐食性を持っているので、錆びるということは基本的にはありません。また、熱にも強いので火災などの災害に巻き込まれたとしても灰になってしまうということはありません。

このように、チタンは丈夫で長く使えるのが魅力的な部分です。例えば実印など一生ものとして使いたい場合はチタンの素材を選ぶようにするといいでしょう。