印鑑に使用される象牙の素材のメリットについて

象牙素材の印鑑はしばしば使用されており、実際に象牙で作成している人も多くいます。そもそも象牙とは昔から伝統的に使用されている印鑑の素材で、高品質になるので実印など大切な印鑑に使用されることが多いと言われています。古くから愛用されている象牙ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは2つのメリットについてを話します。

まず、1つ目はきめが細かく捺印性が高いということです。象牙は天然素材になりますが、天然素材の中でも最高級の素材でその見た目も美しいほか、捺印性にも優れていると言われています。印鑑は基本的に朱肉を付けて捺印をしますが、素材によっても捺印性は異なります。キレイな印影を残したいと思っているなら象牙の素材を検討してみてはいかがでしょうか。

続いて2つ目は丈夫な素材だということです。様々な素材が印鑑には使用されていますが、その中でも天然素材になり、最適な保湿性質を持っているのが象牙の特徴です。印鑑は乾燥などに弱く、保湿性がないとひび割れなどにも繋がりますが、象牙は自分で水分を調節する力があるというのは魅力的な部分ですし、一生ものとして使うことができる印鑑なので多くの人が選択しています。