印鑑に使用される水牛の素材の特徴について

水牛の写真印鑑に使用される素材について、水牛の存在も欠かせません。
これは実印としても使われる定番の素材です。
水牛には大きく分けると2つの種類があり、黒水牛と白水牛が存在しています。
2種類ありますが、男性から人気なのが黒水牛、女性から人気なのが白水牛です。
それぞれ特徴があるので、これから購入を検討している方に向けて紹介します。

まず黒水牛から説明をしますが、黒水牛は主に東南アジアの水牛から作られることが多く、その名の通り黒色の印鑑です。
様々な種類がある素材の中でも黒色はそれほど多くないので、高級感があり男性で使用している人は多いと言われています。大きさについても15ミリから16ミリ程のものが人気となっており、大きめで作成をする人が多いと言われています。

続いて白水牛について説明をすると、これはオランダの水牛から作られることが多い素材です。黒水牛とは異なりクリーム色をベースとして茶色の濃淡のデザインとなっています。美しいデザインとなっているので、男性よりも女性からの人気が高いと言われています。透明感もあるので透き通った印象を与えることができます。

このように、水牛には大きく分けると2つの種類が存在しています。